バンコク出張とオフショア開発

こんにちは、ロックスインターナショナルの齋藤です。
4月に入ったのに寒かったりで、コートをまた出す羽目になりました。

 

 

先日、3月中頃から末にかけて10日間バンコクに出張してきました。
弊社はバンコクにタイ人エンジニア・日本人スタッフがおり、オフショア案件を随時開発しており、今回の主なタスクはある案件のリリース前の追い込みと現地体制強化でした。
出張が決まったのが渡航日の3日前!というバタバタした感じがありましたが、無事に役目を終え、戻ってくることが出来ました。
ひとえに現地のスタッフのおかげで、感謝の一言に尽きます。

 

バンコクには多くの日本企業が進出しており、多くの駐在員がいます。
私が泊まっていたエカマイ駅の近くにも日本食のレストランなども多くあり、中にはモールの1つのフロアが日本食だけという場所もありました。
ですが私はほとんどタイ飯ばかり食べていました。
辛いのが好きな方ならきっと食べ物も合うと思います。
時期によりますが夜でも30度近い中で飲むSINGHA(タイのビール。氷を入れて飲むことも)は最高!です。

2015-03-18
 

 

また、タイ人の人柄はバンコクオフィスのスタッフ含め、素朴で温かく、おおらかでよく笑う人が多いように感じます。
きっと気候(とにかく暑い!)も関係しているのだろうと思います。そういった人柄の魅力も日本企業が多く進出している要因のひとつかもしれません。
IT系業務に従事しているタイ人であれば英語が分かる人が多いのも、ひとつに挙げられるかもしれません。文法はともかくとして、会話は問題なく出来る人が多いです。

 

 

最後に、弊社では開発はタイ、設計・窓口は日本というスタンスでアプリ開発、システム開発を行っており、今後もタイと日本の連携は強化していきます。

 

もし、オフショアでの開発を検討されているという方、ぜひ一度弊社までご相談ください。

Leave a comment

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>